研修会社を有効に活用して従業員のトレーニングに利用する手段

教育の実務担当者が会社組織の育成のカギを握ります

会社組織が採用した人材については、どれほど高水準の能力が存在しても、組織にとって単なる人のままです。会社組織は将来のビジョンを保持して、年度ごとの目指す数字を抱いてマネジメントしています。採用した人材を会社組織の目的に即して技能を発現させるのは、教育の実務担当者の仕事になります。会社内の人員を有効に活用して教育を実施しますが、教育にフィットする人材がいないとすれば、社外に呼び掛けて教育者を見つけないといけません。教育の実務担当者は企業の成長に影響を及ぼす覚悟が求められるのです。

現場でテーマを考察すことが必要です

教育の実務担当者はその現場が主たる業務になります。会社内で研修プログラムを打ち出しても、要点をとらえた教育プランニングは出て来ません。現場に足を運んで、社員の仕事に従事する姿を見て、聴き取りをしなければいけないのです。管理職に加えて、新入社員、あるいはアルバイトにいたるまで見聞し、会社組織にとって現在なにがポイントなのかを探し出すことが大事な役割と言えます。こうした中から、研修の課題が現れて来るものと言えます。必ずしも、初めに研修があるものではないのです。

研修会社選択は入念にする必要があります

研修に取り組む企業は、大都市には充実しています。加えて、国外にも優れた教育会社が見受けられます。そして、教育の実務担当者がこうしたたくさんの研修会社がある中から、どういった会社に決めるのかで会社組織の近い将来が明白になってきます。教育そのものは継続が求められることから、回ごと研修会社を一変することはできないといえます。そのため、教育の実務担当者はたくさんの研修会社を訪ね歩いて重要な情報を収集しなければなりません。研修会社も長所短所があり、強みのある分野を見定めることが重要です。

管理職研修のメリットを知るために、大手の企業の実際の取り組みを予めチェックしてみることが良いでしょう。

loading
×