雇用されるだけが働き方ではない!自営業で自由な働き方を!

雇用されて働く上でのデメリット

人間は生活のためにお金が必要であり、そのお金を稼ぐために働きます。働く方法はどこかの企業などに雇用されて働く方もいらっしゃるでしょうが、正社員として働く事で安定収入の他に様々な待遇面でのメリットがあるかもしれません。しかし、メリットばかりではなく、同じ会社にいつまでも雇用してもらえるかは分からず、リストラされた時には路頭に迷ってしまう危険性もあるでしょう。人間関係におけるストレスもあり、良い事ばかりではないです。

自営業としても生活できる世の中

雇用されて働く事で将来が安泰の方は別として、そうでない方は自営業としての道も検討してみると良いかもしれません。自営業としてお金を稼いでいく事は、特別な能力がなくても現状では可能な場合があるでしょう。インターネットなどを活用すれば家でも仕事ができ、自営業としての初期投資もそれ程必要なく始める事も可能です。自営業は自由な時間も確保しやすく、リストラの心配もないためストレスを軽減できる働き方の一つかもしれません。

個人事業主は簡単になれる

自営業として仕事を行なっていく上で会社設立などをイメージされる方もいらっしゃるでしょうが、必ずしも株式会社や合同会社を設立する必要はないと言えます。利益が多くなってくれば会社設立も視野に入れると良いですが、最初は個人事業主として仕事を始めると良いでしょう。個人事業主になるためには、税務署などに開業届などを提出するだけで始める事もでき、面倒な手続きも専門家の助けも必要ないです。税務処理関連に関しても、少し勉強すれば不可能ではないかもしれません。

フランチャイズは、別名契約ビジネスとも呼ばれています。ありとあらゆる事柄が契約で縛られていることがその理由ですが、よほど悪質な本部でない限りは双方に大きな利益をもたらすビジネスです。

loading
×