引っ越しの片付けの手順と荷造りの方法とコツ

引っ越しの荷造りの手順

荷造りの手順は、季節モノと滅多に使わない物と時々使う物と毎日使う物の順番に梱包をします。テキパキと出来る人は転居の2週間前から、荷造りを始めると良いです。3週間前に始めると、のんびりと作業が出来ます。当日に使う物以外は、前日までに終えて最後の段ボール箱に入れられるようにしておきます。梱包が終わったら段ボールの置き場所を確保して、部屋の隅の一角を置き場所にします。運び出す時に出しやすいように、部屋ごとに積んでいったりリビングの半分を置き場にしたりすると良いです。

荷造りの方法とコツは

季節の時しか使わない物は、荷造りを一番最初に行います。滅多に使わない物は、季節モノが終わったら片付けます。これらは2から3週間使えなくても、支障がないです。時々使う物は、使うか使わないかを考えて梱包します。段ボールに入れても、閉じないでおくともしも使う時に直ぐに出せます。良く使う物は、引っ越しの3から4日前から梱包をして時間が短いのでテキパキ行います。毎日使う物は、どこまでないといけないのかどうかを考えて荷造りすると良いです。引っ越し当日の朝まで使う物は、これらだけを入れる段ボールを用意しておきます。

部屋単位で荷造りをする

部屋単位で考えて、子ども部屋の物は同じ段ボールに入れて大丈夫です。同じ部屋の物が入っていますと、新居には部屋ごとに運ばれるので取り出しやすくなります。種類はなるべく統一するようにして、本なら詰め過ぎると底が抜けますので箱の2分の1から3分の2程度にしておきます。雑貨は新聞紙を利用して、隙間を埋めていったり1つ1つを包むのに使う事も可能です。食器は新聞紙で段ボールの底を厚めに敷いて、衝撃を受けにくいようにします。

不用品の回収の業者を選ぶには、各業者の見積もりのサービスを活用することで、魅力ある依頼先を選ぶことが可能です。

不用品回収なら東京の関連記事
loading
×